青汁原材料

青汁はこんな原材料から作られている!

青汁の原材料として使われる野菜は「ケール,大麦若葉,明日葉」の3種類です。どの野菜から作られたのかにより青汁の味や栄養は大きく変わってきます。このサイトでは、原材料毎の特徴や、オススメの青汁などを紹介しています。

 

ケールの特徴

ケールはビタミンA,ビタミンC,カルシウムやカロチノイドを多く含むヨーロッパ原産のアブラナ科の野菜です。最初の頃は青汁といえばケールと言うほどでした。栄養が豊富な反面ケールには青臭さや独特の味があります。青汁=まずい!っという公式はここからできあがりました(^_^;)。ケールの青汁にこだわり続けているメーカーさんもありますが、より飲みやすい大麦若葉や明日葉を使った青汁にシフトしているメーカーさんの方が多くなりました。栄養面でも大麦若葉や明日葉はケールと比べて劣ると言うことはありません。

詳しくはこちら

 

大麦若葉の特徴

ビタミンA,B群,Cの他、ミネラルの亜鉛やマグネシウムなどもたっぷりと含んでいます。ケールと比べると栄養素が少ないという人もいます。しかし大麦若葉の青汁はケールと比べると格段に飲みやすいため、続けるのがまったく苦痛になりません。栄養補給の面から見ても大麦若葉でもまったく問題ありません。

詳しくはこちら

 

明日葉の特徴

セリ科の植物で今日摘んでも明日生えてくることから明日葉と呼ばれています。ビタミンA,B群,Cのほか鉄分などのミネラルを多く含むのが特徴です。また明日葉にしか含まれない成分として「カルコン」の持つサラサラ効果も注目されています。

詳しくはこちら